DENKA

ニュース

お知らせ 2002年04月01日

デンカポリマーがOPS容器を1.5倍に能力増強、 成形工場新設に着手

デンカポリマーは、OPS(二軸延伸ポリスチレンシート)、PSP(発泡ポリスチレンペーパー)、HI、PP、A-PETなどのシート(原反)を購入し、一般消費者になじみの深い食品容器に加工するメーカーです。
中でもOPS食品容器は、デンカグループの一貫生産体制と大消費地に近い千葉県に工場があることから、業界一の競争力を誇っており、ここ数年間の厳しい市場環境下でも販売量を増加させてまいりました。
OPS食品容器は、フードパック・嵌合フード、トレー、弁当容器・寿司容器のふた、ミニトマト・さくらんぼ・カットフルーツの容器などに使用され、これらを成形しております千葉県の五井工場、佐倉工場のラインは現在フル稼動を続けております。
マイナス成長が多い中で、国内のOPS食品容器の伸び率はプラス成長を続けており、当社のOPS一系列増設にあわせまして、デンカポリマー五井工場では、成形工場新設に着手いたしました。五井工場のリニューアルも兼ねまして、新設工場は、生産性、コスト、品質、作業環境に配慮した最新鋭の成形工場として、本年10月をめどに完成する予定です。