DENKA

株主の皆様へ

株主の皆様へ

デンカは、土木・建築から、電気・電子、食品包装、医療用検査薬に至る、幅広い領域で事業を行う化学会社です。2015年の創立百周年を機に、会社名を「電気化学工業株式会社」から「デンカ株式会社」へ変更いたしました。また2016年には「The Denka Value(企業理念)」を制定し、「化学の未知なる可能性に挑戦し、新たな価値を創造(つくる)することで、社会発展に貢献する企業となる。」を「Denkaの使命」に掲げて、世界の持続的発展に貢献するための、企業グループとしての使命を明確に定めました。

2018年度を初年度とする新経営計画「Denka Value-Up」においては、成長ビジョンを「Specialty Fusion Company(スペシャリティーの融合体)」「Sustained Growth(持続的成長)」「Sound Growth(健全な成長)」と位置づけています。成長戦略として、ヘルスケア、環境・エネルギー、インフラの3つの分野へ資源を集中して、スペシャリティー事業を成長させるとともに、それを実現するための、生産・研究・業務の3つ領域におけるプロセス改革を推進して、数値目標の達成を目指します。

デンカは、社会の課題に真摯な姿勢で向き合い、「できるをつくる。」をコーポレートスローガンとして、社会発展に貢献する企業を目指してまいります。

代表取締役社長 山本 学

株主還元方針(経営計画「Denka Value-Up」)(2018~2022年度)

当社は、2017年度が最終年度となる経営計画「Denka100」に続き、2018年度より5カ年の新経営計画「Denka Value-Up」を遂行して、企業価値の向上と持続的成長に向けた経営基盤を強化してまいります。
この経営計画の最終成果である収益においては、株主の皆様への配分を定めた「株主還元方針」を策定するとともに、さらなる成長に向けて、M&Aなどの戦略投資の財源とすることを明確にしております。良好な財務バランスを維持しつつ、株主還元ならびに将来に向けた戦略投資の最大化を図ってまいります。

1. 株主還元方針

総還元性向50%(基準)を継続
配当を重視
資金需要や株価推移などに応じて機動的な自己株式取得を実施

2. 投融資計画

5ヵ年合計で2,000億円を投入
<内訳>
・戦略投資:750億円(150億円/年)
[M&A等 600億円、プロセス改革 150億円]
・通常投資:1,250億円(250億円/年)

3. 研究開発計画

研究開発費に5年間で900億円を投入

4. 期間

2018年度~2022年度