DENKA

ニュース

お知らせ 2003年01月27日

関節機能改善剤『スベニール®』製造承認の承継について

中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長:永山 治](以下、中外製薬)とアベンティス ファーマ株式会社[本社:東京都港区/社長:ジェームズ・ミッチャム](以下、アベンティス ファーマ)、および電気化学工業株式会社(以下、電気化学工業)の3社はこの程、ヒアルロン酸ナトリウム関節内注射液である関節機能改善剤『スベニール®ディスポ』『スベニール®バイアル』の製造承認を、アベンティス ファーマから中外製薬に承継することで合意しましたのでお知らせいたします。

 

本剤は、電気化学工業がStreptococcus equi変異株を用いた発酵法による量産化に成功したもので、アベンティス ファーマが製造販売権を持つ中で、電気化学工業が受託製造を、中外製薬が販促および販売を行う形で、2000年8月に販売を開始した関節機能改善剤(ヒアルロン酸ナトリウム関節内注射液)です。

 

今回の承継は、世界レベルでプロダクトラインの見直しを進めているアベンティス ファーマと、領域戦略を推進する中外製薬の事業方針が一致し、合意に達したものです。
この承継により、今後は顧客のニーズに一層敏速に応えることができるようになり、製品の持っている可能性を最大限に引き出すことができるものと確信しています。

 

アベンティス ファーマから中外製薬への製造承認の承継作業は、準備が整い次第、事務手続きや実務引継ぎを開始する予定です。承継後は、中外製薬がアベンティス ファーマから最終生産工程(包装)を引き継ぐと共に、従来どおり販売を行い、電気化学工業は引き続き受託製造を行うという、2社間の直接契約に切り替わります。

 

本剤は、「変形性膝関節症」「肩関節周囲炎」に加え、他のヒアルロン酸ナトリウム関節内注射液にはない「慢性関節リウマチにおける膝関節痛」の適応を持った製品です。今夏には生産能力の大幅増強も予定しており、これを機に一層の販売増をめざします。