DENKA

ニュース

お知らせ 2000年05月01日

接着剤・リベット併用板金組立工法を開発

ハードロックは当社が開発した高性能アクリル系接着剤で、その性能に対し各方面から高い評価を得ています。特に三菱電機社は、当初よりハードロックに注目し、その活用を積極的に社内展開してきました。その結果生まれたのが、MELARS工法です。これは渋川工場の協力のもと、三菱電機社が開発した接着剤・リベット併用板金組立工法の名称で、従来の溶接工法に比べさまざまなメリットがあります。

 

当工法で金属箱物を組み立てた場合、剛性(落としたり、たたいたりしても容易に壊れず、物体が元の形を保とうとすること)が上がると同時に大幅なコストダウンが図れ、さらに製作時のエネルギー消費量も大きく削減されるため環境にとてもやさしいと、まさに三拍子揃った効果が期待できます。

 

既に上越新幹線屋外電源ボックス、電力会社向け配電盤など、多方面に採用され、最近では500系のぞみ室内空調機箱体製作に使われています。 今後引き続き、各企業への紹介活動や展示会、セミナーなどの実施に注力し、当工法の普及に努めていきます。

以 上