DENKA

ニュース

製品情報 2000年08月30日

「デンカER」新タイプ開発について

「デンカER」は当社が独自に開発し、1984年に企業化した耐熱・耐油性特殊合成ゴムで、主に国内外の自動車メーカーのエンジン周辺部品に採用されていますが、この度、ERの優れた耐久性を有し、その加工性能と品質特性を一層向上させた新タイプの開発に成功しました。

 

ゴム製品を成形加工する際には、加硫というゴム分子間を結合させる工程が必要ですが、今回開発した新タイプは、その加硫時間を大幅に短縮することを可能にした上、ERの優れた耐熱性と耐寒性を一層向上させました。

 

格段の高速加硫性は、幅広いゴム成形加工に対応し、極めて複雑な形状の部品などへ展開が可能となります。今後、新タイプのERでは、型物成形ゴム部品での採用拡大を期待し、市場開発を進めてまいります。

以 上