DENKA

ニュース

お知らせ 2001年11月05日

デンカ生研がインフルエンザA型、B型鑑別試薬『インフルA・B-クイック「生研」』を新発売

デンカ生研は、昨年、A型インフルエンザウイルス検出試薬である「インフルA-クイック『生研』」を発売いたしましたが、好調な販売を達成することができました。
本年、同社はAクイックをさらに改良し、A型、B型を同一のデバイスで簡便・迅速に検出できる「インフルA・B-クイック『生研』」を開発し、11月5日から販売を開始いたしました。10月より販売に先立ち受注を始めましたが、予想を大幅に上回る反響をいただいています。

今回の「インフルA・B-クイック『生研』」は、「インフルA-クイック『生研』」と同様に特殊な設備・器具や技術を必要とせず、A型およびB型インフルエンザウイルス感染の判定と鑑別を、患者から採取した咽頭拭い液、鼻腔拭い液、鼻腔吸引液を用いてベッドサイドで約15分で行うことができます。また、「インフルA-クイック『生研』」の経験を踏まえ、試薬性能の改良を行い、より臨床診断に役立つ試薬となっています。

インフルエンザウイルス診断試薬は、拡大市場であり、競合各社が競って参入してきている状況にありますが、同社では、昨年の実績を踏まえトップシェアーを目指し精力的な販売活動を実施しています。

今年はインフルエンザの流行が予想されています。インフルエンザの予防には、ワクチンの接種が有効ですが、万が一風邪もしくはインフルエンザの初期症状が出ましたらインフルクイックで早期に診断を受け、適切な治療をお受けください。

以 上