DENKA

ニュース

製品情報 2001年06月18日

キャリアテープ用カバーテープ「デンカサーモフィルムALS」新グレードを発売

当社は、半導体などの電子部品の包装材料としてキャリアテープシステムで使用されるカバーテープ「デンカサーモフィルムALS」の製造販売を行っておりますが(※1)、この度、透明性,低温シール性,シール安定性に優れ、電子部品の搬送や実装時に問題となる摩擦・剥離帯電を大幅に抑えた新規カバーテープ2種を上市いたしました。

新グレードの名称は「ALS-CA」と「ALS-ATA」であり、以下の特徴を有しております。

ALS-CA 低温度でシールでき、シールや剥離の安定性が極めて高いことを特徴としており、テーピングおよび実装の高速化に適合したグレードです(※2)。

ALS-ATA 静電気対策に留意し開発した画期的なグレードです。
これまでの静電気対策品は、導電性や帯電防止性を付与することにより搬送時の摩擦や テープ剥離時に発生した静電気を早く逃がす方法にて対応していましたが、部品の高密度化,小型化に伴い、表面抵抗率の低下だけでは不充分であることが指摘されております(※3)。 そこで当社は摩擦,剥離による電荷の発生メカニズムに着目し、独自の表面処理技術を用ることにより、帯電量を市販品の1/50に抑さえることに成功いたしました。

また、新グレードは共にヘイズが低く透明性が良好であります。 特に「ALS-ATA」は像鮮明度も80%と市販品の1.5倍以上も高い性能を有しており、あらゆる電子部品の包装に適用できる製品であると期待しております(※4)。

当社では今後さらに、エンボスシート素材に関しても次世代に対応したグレードを開発中であり、これからもキャリアテープ分野において総合的な技術力を結集して顧客の要求に対応したく考えます。

[補足説明]
※1 当社は電子部品の包装システムであるキャリアテープシステム用に、カバーテープ素材(商品名「デンカサーモフィルムALS」)と、エンボステープ用の導電性シート(商品名 「デンカサーモシートEC」)や透明性の優れたシート(商品名「クリアレンシートC」)を15 年以上にわたり供給しており、本分野においてそれぞれ世界で30%のシェアを有しております。

※2 剥離安定性の乏しいカバーテープでは、表面実装時に振動が生じ部品の飛び出しなどの重要度が高まっています。

※3 表面抵抗率を下げることにより発生した電荷を拡散することはできても、電荷の発生そのものを制御することはできません。 表面実装部品の高密度化,小型化に伴い電荷自体を発生させないことが重要であり、総合的な静電気対策が求められています。

※4 像鮮明度とはカバーテープ越しにICなどの内容物を見た場合の鮮明さを表す指標で、JIS-K-7105で規定されております。 フィルムなどのくもりの度合を示す値としてヘイズなどもありますが、カバーテープの様な高透明な素材では同レベルのヘイズ値であっても視認性(像鮮明度)に差が生じます。

以 上