DENKA

安全報告

労働安全、保安防災への取り組み 2018年10月31日現在

安全に向けた活動

安全最優先を基本とし、全員で明るく元気な職場づくりに取り組み、事故災害のない、社会に信頼される企業となることを目指します。

安全衛生と
保安防災に関わる
基本方針

平成27年4月1日制定

「職場の安全衛生と設備の保安防災は、全ての事業活動で最優先とする」

化学企業としての社会責任を全うするため、
安全最優先を基本とし、
全員で明るく元気な職場づくりに取り組み、
事故災害の無い、社会に信頼される企業となることを目指す
安全対策本部長

安全マネジメント
体制図

全社目標

(1)重大な保安事故・災害ゼロの達成
(2)労働災害件数の継続的改善

重点実施事項

(1)重大災害や保安事故防止に向けた危険予知とリスクアセスメントの強化
・自社/他社で発生した事故情報の活用
・業界・関連団体の支援システム活用

(2)三カ年計画に基づく安全対策工事の確実な実行
・重大災害、保安事故防止に向けた本質安全の追究
・安全対策工事予算の明確化と計画案件の着実な実行

(3)明るく元気な職場づくり
・不安全状態の継続的改善と行動災害撲滅に向けたコミュニケーション活性化
・一人ひとりがやりがいを感じる全員参加の安全活動推進

事業所の活動展開
における留意事項

(1)「ご安全に!」の挨拶で一体感を醸成
(2)職場の整理・整頓・清掃(3S)は安全の基本
(3)重点実施事項にかかわるPDCAの見える化

安全活動の実績につきましては、デンカレポート 安全最優先、対談 デンカの安全活動をご覧ください。