DENKA

製品情報

デンカハイプレタスコンTYPE-2

製品情報

概要

  • カルシウム・サルフォ・アルミネート系膨張材を活用したセメント系無収縮グラウト材。
  • プレミックスタイプ。

特長

  • 水を混ぜて、急硬性無収縮モルタルが得られる。
  • セメント砂比=1:2。
  • 急硬性無収縮モルタル。
  • 短時間での強度発現に優れる。
  • 流動性が良く、充填性に優れる。
  • ブリーディングが無く、強度発現に優れる。

用途

緊急補修工事

標準使用量

1,950kg/m³(78袋)

荷姿

25kg紙袋

積算価格

150円/kg

詳細および関連資料

当社は無収縮グラウト材のパイオニアとして、多様化するグラウト工事に対し材料開発・改良を続けております。
「ハイプレタスコンTYPE-Ⅰ、TYPE-Ⅱ」は、寒冷地でのご使用、急速施工や緊急工事等の早期に圧縮強度が得られる無収縮グラウト材です。
用途・要求強度などに応じて、TYPE-ⅠTYPE-Ⅱの使い分けが可能です。

特徴

  1. 寒冷地・緊急工事に適しています
    20分~30分で硬化するため、寒冷地での使用においても凍害を受けません。
    早期硬化型ですので、緊急工事での開放時間が短縮できます。
  2. 構造物との一体化が図れます
    空隙の発生を招くブリージング現象が無く、適度の膨張性と長期に安定した無収縮性により、
    沈下・収縮を防ぎ、構造物との付着を高め一体化します。
  3. 十分な耐力を有します
    打設後、数時間で高い強度を有し、長期強度の発現性に優れます。適度な養生により、
    打設後、3時間で実用強度が得られます。
  4. マイナス環境下においても使用できます
    マイナス10℃環境下においても硬化し、良質なグラウト材が得られます。なお、本品は
    モルタル温度10℃~35℃でご使用ください。

主な適用箇所

  • 寒冷地におけるグラウト工事
  • 土木・建築構造物の補修工事
  • 早期開放が求められる補修・補強工事

主な適用箇所

荷姿 外観 水量範囲
25kg紙袋 セメント系灰白色 TYPE-Ⅰ 4.0 ~ 4.6 kg/1袋
TYPE-Ⅱ 3.6 ~ 3.9 kg/1袋

標準配合と1袋当りの配合

・1m³当りの標準配合

製品名 目標軟度
J14漏斗流下値
(秒)
W/材料
(%)
単位量
(kg/m³)
1m³当りの使用量
(袋)
材料
ハイプレタスコン
TYPE-Ⅰ
8±2 17.2 1875 319 75 袋
ハイプレタスコン
TYPE-Ⅱ
±2 14.8 1950> 288> 78 袋

・1袋(25kg)当りの標準配合

製品名 目標軟度
J14漏斗流下値
(秒)
W/材料
(%)
単位量
(kg/m³)
1m³当りの使用量
(袋)
材料
ハイプレタスコン
TYPE-Ⅰ
8±2 17.2 25 4.1~
4.6
13.3
ハイプレタスコン
TYPE-Ⅱ
8±2 14.8 25 3.8~
3.9
12.8

モルタルの物性例

・一般物性(測定例)

製品名 養生温度
(℃)
水量
(kg/袋)
ブリージング率
(%)
初期膨張収縮率
(%)
凝結開始時間
(分)
ハイプレタスコン
TYPE-Ⅰ
5 4.4 0.0 0.2 25
20 4.3 0.0 0.3 20
30 4.3 0.0 0.3 15
製品名 養生温度
(℃)
水量
(kg/袋)
ブリージング率
(%)
初期膨張収縮率
(%)
凝結開始時間
(分)
ハイプレタスコン
TYPE-Ⅱ
5 3.8 0.0 0.1 30
20 3.7 0.0 0.2 25
30 3.7 0.0 0.2 20

・強度物性(測定例)

製品名 養生温度
(℃)
水量
(kg/袋)
圧縮強度
(N/mm²)
3時間 6時間 1日 3日 7日 28日
ハイプレタスコン
TYPE-Ⅰ
5 4.4 9.3 10.9 19.0 32.0 40.6 49.8
20 4.3 17.0 19.4 32.0 42.0 51.0 62.5
30 4.3 19.0 21.0 35.0 44.0 52.5 65.0
製品名 養生温度
(℃)
水量
(kg/袋)
圧縮強度
(N/mm²)
3時間 6時間 1日 3日 7日 28日
ハイプレタスコン
TYPE-Ⅱ
5 3.8 4.0 7.3 13.0 25.0 30.0 39.0
20 3.7 8.0 12.2 20.4 27.8 35.4 46.0
30 3.7 9.1 13.1 22.0 29.6 37.0 51.0

お問い合わせ

インフラ・ソーシャルソリューション部門

特殊混和材部
TEL
03-5290-5558
FAX
03-5290-5085
  • ご使用に際しては、必ず貴社にて事前にテストを行い、使用目的に適合するかどうかおよび安全性について貴社の責任においてご確認ください。
  • 当ホームページ記載の当社製品およびこれらを使用した製品を廃棄する場合は、法令に従って廃棄してください。
  • ご使用になる前に、詳しい使用方法や注意事項等を技術資料・製品安全データシートで確認してください。これらの資料は、当社の担当部門にご用意してありますので、お申しつけください。
  • 当ホームページの記載内容は、新しい知見により断りなく変更する場合がありますので、ご了承ください。