DENKA

製品情報

デンカCSA#20

製品情報

概要

「デンカCSA#20」は、エトリンガイト系のケミカルプレストレス導入用のコンクリート膨張材です。
ケミカルプレストレスを積極的に活用するコンクリート製品用途(ボックスカルバート、ヒューム管、セグメントなど)に幅広く適用されています。
「デンカCSA#20」による膨張を拘束することで、コンクリートには圧縮応力度であるケミカルプレストレスが導入され、機械的に導入するプレストレスと同様に、ひび割れ抵抗性を向上させるとともに、水密性を高めます。

特長

  • ケミカルプレストレス導入用
  • 乾燥収縮によるひび割れ(クラック)の低減
  • 自己収縮によるひび割れ(クラック)の低減
  • 水密性の向上

用途

・コンクリート製品全般(ボックスカルバート、ヒューム管、セグメントなど)

標準使用量

  • 収縮補償用コンクリートでは、コンクリート1m³に対して30㎏/m³を細骨材に置換して混和してください。
  • ケミカルプレストレス導入用コンクリートでは、コンクリート1m³に対して30~70㎏/m³を細骨材に置換して混和してください。膨張材の混和量が多い場合には、圧縮強度の低下を引き起こす可能性がありますので試験練り等で事前にご確認ください。

荷姿

粉体:30㎏袋、25㎏袋、1.2tフレコン、バラ

積算価格

100円/kg

お問い合わせ

インフラ・ソーシャルソリューション部門

特殊混和材部
TEL
03-5290-5558
FAX
03-5290-5085
  • ご使用に際しては、必ず貴社にて事前にテストを行い、使用目的に適合するかどうかおよび安全性について貴社の責任においてご確認ください。
  • 当ホームページ記載の当社製品およびこれらを使用した製品を廃棄する場合は、法令に従って廃棄してください。
  • ご使用になる前に、詳しい使用方法や注意事項等を技術資料・製品安全データシートで確認してください。これらの資料は、当社の担当部門にご用意してありますので、お申しつけください。
  • 当ホームページの記載内容は、新しい知見により断りなく変更する場合がありますので、ご了承ください。