DENKA

製品情報

デンカ CSA

製品情報

概要

デンカは、長年にわたるポルトランドセメントの製造技術と経験をもとに、昭和39年、国内で初めてモルタル・コンクリート用膨張材「デンカ CSA」を開発しました。

「デンカ CSAシリーズ」は、エトリンガイトの生成を制御する技術を基本としたコンクリート製品用途の「デンカ CSA#20」をはじめ、さらに遊離石灰の反応を付与させた低添加型の「デンカ パワーCSA」により構成されております。

「デンカ パワーCSA」は、一般工事用途の「デンカ パワーCSA タイプS」、マスコンクリート用に最適化した水和抑制型の「デンカ パワーCSA タイプR」、トンネルの覆工コンクリート専用に開発した「デンカ パワーCSAタイプT」の3品種をラインナップし、場所打ちコンクリート用途に幅広く適用されております。

特長

コンクリートの乾燥収縮・自己収縮ひび割れを低減。
マスコンクリート用温度ひび割れ低減タイプやトンネル二次覆工用も品揃え。

用途

低添加型一般タイプ。 現場打ち用

低添加型水和熱抑制タイプ。 現場打ち用

トンネル二次覆工コンクリート専用。

仕上げモルタル用

二次製品向け

お問い合わせ

インフラ・ソーシャルソリューション部門

特殊混和材部
TEL
03-5290-5558
FAX
03-5290-5085
  • ご使用に際しては、必ず貴社にて事前にテストを行い、使用目的に適合するかどうかおよび安全性について貴社の責任においてご確認ください。
  • 当ホームページ記載の当社製品およびこれらを使用した製品を廃棄する場合は、法令に従って廃棄してください。
  • ご使用になる前に、詳しい使用方法や注意事項等を技術資料・製品安全データシートで確認してください。これらの資料は、当社の担当部門にご用意してありますので、お申しつけください。
  • 当ホームページの記載内容は、新しい知見により断りなく変更する場合がありますので、ご了承ください。