「できるをつくる。」デンカ株式会社

コーポレート・ガバナンスとCSR推進体制

2015年9月1日現在

CSR調達について

デンカグループは、すべての取引先がデンカグループのよきパートナーであるとの認識のもと、取引先とともにサプライチェーンにおける社会的責任を実現するために、「デンカグループ行動指針10か条」に基づいた「CSR調達方針」および「CSR調達ガイドライン」を制定し、CSR調達に関する考え方や基準を明確にしております。

CSR調達方針(2013年4月制定)

  1. 人権を尊重するとともに、職場の労働環境・安全衛生の向上に努めます。
  2. 地球環境の負荷低減と安全性の確保など、環境に配慮した調達業務を実施します。
  3. 関連する法令および企業倫理の遵守を基本として調達業務を遂行します。
  4. 原材料、機材、工事の調達にあたり、品質、価格、納期およびお取引先の技術力、供給安定性、環境保全への取り組みなどを総合的に勘案します。
  5. お取引先を事業遂行上の大切なパートナーとして誠意をもって対応し、公正な取引を通じて相互理解と信頼関係の構築に努めます。
  6. お取引先との関係において、社会的常識の範囲を越えるような不適切な接待・贈答を受けたり行ったりしません。
  7. 調達業務を通して知り得たお取引先の機密情報を守秘し、お取引先の知的財産権を適正に管理・保護します。
  8. すべてのお取引先に対して対等な立場で公平・公正に競争の機会を提供します。

CSR調達ガイドライン(2013年4月制定)

1.人権の尊重、労働安全衛生

すべての基本的人権を尊重し、労働安全衛生の向上に努めることが会社方針に含まれること。

2.法令遵守

法令を遵守し、社会良識に従って、公正な企業活動を行なうことが会社方針に含まれること。

3.CSRの推進

企業の社会的責任が企業活動そのものであることを自覚し、社会および事業の持続的発展に努めることが会社方針に含まれ、推進のための社内体制を確立していること。

4.環境保全

環境保全に努めることが会社方針に含まれ、取り組み状況を開示すること。
また、グリーン調達に配慮し、製品に含まれる化学物質を適切に管理していること。

5.品質・安全性

製品の品質および安全を確保することが会社方針に含まれること。
また、製品の品質マネジメントシステムを確立し、品質保証活動を推進していること。

6.公平・公正な取引

公平・公正な取引に基づくことが会社方針に含まれること。

7.リスクマネジメント

不測の事態への対応として適切かつ適時の情報開示を行なうなどの、リスクマネジメントを推進していること。

8.社会貢献

積極的に、地域社会・国際社会への貢献に努めることが会社方針に含まれること。

9.反社会的勢力の排除

反社会的勢力(個人・団体)との取引が無いこと。