「できるをつくる。」デンカ株式会社

社会貢献活動

2016年10月20日現在

当社は、「デンカグループ行動指針10か条」第9条に定めるように、“よき企業市民として、積極的に社会貢献に努めること”をお約束しています。地域社会との連携と協調を図りながら社会・文化貢献活動を行うことを、社会的責任の一つとして捉えています。
当社の主な活動分野としては、化学実験教室や工場見学などの「学術・教育」、地域の清掃活動や植栽の維持管理「自然環境保全」、地域のお祭りやスポーツ・芸術を支援する「伝統文化・芸術・スポーツ」、災害被災地支援などの「ボランティア活動」があります。

化学実験教室

当社は将来を担う子供たちへ「化学」への理解を深めていただくために、各事業所の地域の子供たちを事業所に招く工場見学会や化学実験教室を開いています。化学実験教室は、ものづくりを次の世代へ引き継ぐための大切な仕事であり、説明員を務める従業員にとってもやりがいのあるイベントです。
また、この活動は、地域の皆さんへ当社の製品や事業活動の姿をお伝えする貴重な機会にもなっています。

夏休み子ども化学実験ショー

夏休み子ども化学実験ショー

子ども化学実験教室

子ども化学実験教室

地元小学校の工場見学

地元小学校の工場見学

近隣地域の高校の工場見学

近隣地域の高校の工場見学

近隣小学校のセンター見学

近隣小学校のセンター見学

近隣地域高校の工場見学

近隣地域高校の工場見学

東日本大震災被災地支援活動

2011年7年より「被災地ボランティア支援プログラム」を制定し、従業員の被災地におけるボランティア活動を支援しております。従業員の希望を踏まえて、会社が費用を負担して被災地へのボランティアを派遣する活動を行なっております。2016年10月までに実施回数67回、延べ603名の従業員が宮城県南三陸において農業・漁業支援などを行いました。引き続き、被災地の自立に向けた支援活動を継続して参ります。

農業支援活動(2016年5月)

農業支援活動(2016年5月)

漁業支援活動(2016年6月)

漁業支援活動(2016年6月)

熊本地震による被災地・被災者支援活動

2016年4月地震発生直後から大牟田工場の従業員が中心となってボランティア活動を支援しております。熊本市・阿蘇市・宇城市・益城町などの自治体へ物資を提供し、避難所へ炊き出しを行いました。10月までに延べ176人を超える従業員が参加し今後も活動を継続して参ります。

広安小学校(熊本)での炊き出しの様子

広安小学校(熊本)での炊き出しの様子

託麻小学校(熊本)でのボランティア参加者

託麻小学校(熊本)でのボランティア参加者

詳細は、CSR報告書本編・資料編の地域社会のページをご覧ください