「できるをつくる。」デンカ株式会社

その他研究部門

青海工場 有機材料研究部

クロロプレンゴム、アクリル系特殊合成ゴムやポリビニルアルコールに関する材料研究、生産技術、新製品開発を担当するとともに、有機ファイン研究、数値解析などの基盤研究も行っています。
また、メンテナンス技術や、環境対応製品の開発も積極的に開発しています。

  • 研究領域:高分子材料の開発

青海工場 セメント・特混研究部

高温反応、窒化などを駆使した粉体合成技術と構造解析、特性評価技術を基盤に、大学などの外部研究機関とのコラボレーションを図り、先進的な機能性無機材料の開発を進めています。セメント・特殊混和材分野では、セメント・コンクリートのあらゆる欠点をカバーすることを目標に、豊富な技術蓄積を活かした製品開発を行っています。
また、メンテナンス技術や、環境対応製品の開発も積極的に開発しています。

  • 研究領域:セメント・特殊混和材等、無機材料全般

大牟田工場 セラミックス研究部

当社で最も長い歴史を持つ無機化学品の拠点として、独自の電炉技術、高温制御技術、窒化技術をベースに、数多くの特徴ある製品を生み出しています。中でも、溶融シリカや、セラミックス基板など最先端技術を駆使した製品群は、電子材料市場の発展に寄与する中核製品となっています。

  • 研究領域:セラミックス材料全般

千葉工場 高分子研究部

当社が有する高分子材料の開発技術により、社会・環境・生活に価値有る製品の開発に取り組んでおります。中でも、機能性ポリマーの材料設計、精密重合技術、高次構造を含む材料特性評価法の研究開発に注をそそぐことで、既存樹脂のさらなる高機能化、新規ポリマーの開発を目指しています。

  • 研究領域:高分子材料の開発

渋川工場 電子材料研究部

高度な材料設計や当社基盤技術を活用し、電子材料分野における幅広い研究開発を行っています。具体的には、有機・無機のハイブリッド放熱材料技術を中心としたトータル・サーマル・ソリューション、ナノテクノロジーや機能性接着技術を中心とした高精度接合技術、ファインセラミックス技術から進化したエミッターの研究開発等を展開しています。

  • 研究領域:電子材料および電子部材全般

伊勢崎工場 高分子加工研究部

当社が有する樹脂素材開発技術と、無機、有機、高分子及びその複合化による高度な材料設計技術に加え、シート・フィルムの製膜技術、ラミネーション技術、精密塗工技術、導電性制御技術をベースに加工技術の高度化と蓄積を図っています。また、半導体・電子材料、産業資材や食品包装等の市場における最先端ニーズに呼応した新規製品を開発しています。

  • 研究領域:電子材料、産業資材、電子材料包装および食品包装市場全般

青海 生産技術部、千葉工場 生産技術室

プロセス開発、既存プロセスの最適化を担う部門です。研究段階から事業化を見据えたプロセス検討の充実を図っています。

  • プロセス開発、プロセス改良