「できるをつくる。」デンカ株式会社

デンカイノベーションセンター

次の100年に向けた、オープンイノベーションの舞台として
Denka INNOVATION CENTER

現在、当社で推進する中期経営計画「Denka100」で掲げる「新成長戦略の三本の矢」のうちの一つ「成長ドライバーへの資源の集中と次世代製品開発」。このテーマの遂行を担う中心的な存在が、デンカイノベーションセンターです。
当センターは1915年の創業以来、培ってきた技術・ノウハウのさらなる深耕と、将来に向けた価値創造のためのイノベーション研究を行うデンカグループの中核的研究開発の拠点として、2014年に旧・中央研究所と、当社関係会社であるデンカ生研株式会社の研究部門と、特混町田研究センターの再編・統合によって発足いたしました。
当社が成長分野として研究資源を集中する「環境」「エネルギー」「健康」「インフラ」という4つの分野に対し、当センターが擁する先進技術研究所、ライフイノベーション研究所、インフラソリューション開発研究所という3つの組織で研究次の100年に向けた、オープンイノベーションの舞台として開発に取り組んでいます。
当センターが掲げるキーワードが「オープンイノベーション」です。これは自社技術だけではなく他社やさまざまな研究機関の技術やアイデアを組み合わせることで、革新的な研究成果、製品開発に結びつけるという方法論です。成功のカギを握るのは、情報の質と量、そしてスピードです。プロダクトアウトに偏りがちな考え方から脱却し、より多くのマーケットインのアイデアを発想するとともに、それらアイデアとの接点を増やすこと。自前技術だけにこだわらず、あらゆる可能性を選択肢に入れること。それらインプットの質を高め、量を増やし、スピードを加速させることが大切です。
当センターはオープンイノベーション推進のツールとしてのみならず、国内外、地域に開かれた社会貢献の場として、あらゆるステークホルダーに価値を提供する存在を目指し、その取り組みを始めています。

デンカイノベーションセンター本館

デンカイノベーションセンター
〒194-8560 東京都町田市旭町3-5-1 「地図
先進技術研究所 機能性セラミックス研究部
新規材料研究部
先端高分子研究部
構造物性研究部
ライフイノベーション研究所 研究統括部
メディカル研究部
ダイアグノスティクス研究部
ワクチン・バイオ研究部
インフラソリューション開発研究所

先進技術研究所

先進技術研究所は、全社の基礎研究や中長期的な研究テーマを手がけてきた旧・中央研究所を母体として発足した研究組織です。ターゲットは「エネルギー」と「環境」という次代を担う2つのテーマ。とくに二次電池や次世代エネルギーの新規原材料について、他企業や外部研究機関、大学とのコラボレーションによって効果的な研究開発を推進しています。

ライフイノベーション研究所

ライフイノベーション研究所は、旧・中央研究所のライフサイエンス部門と関係会社であるデンカ生研株式会社の次世代試薬およびワクチン開発部門を再編・統合によって発足した研究組織。予防・診断・治療分野における新規技術・製品の実現を目指し、「メディカル」「ダイアグノスティクス」「ワクチン・バイオ」という3つの部門で、健康分野に おける新たな価値の創造に取り組んでいます。

インフラソリューション開発研究所

インフラに関わるニーズの探索と、新たなニーズに対応した技術開発、ソリューション提案を行うのがインフラソリューション開発研究所です。有機と無機、その両面から新規材料の開発を進めるとともに、施工や診断技術まで踏み込んだ提案にも注力しています。短期間で、より多くの研究テーマを実績に結びつけるために、スピーディな研究開発に取り組んでいます。