「できるをつくる。」デンカ株式会社

株主還元方針(経営計画「Denka Value-Up」)(2018~2022年度)

当社は、2017年度が最終年度となる経営計画「Denka100」に続き、2018年度より5カ年の新経営計画「Denka Value-Up」を遂行して、企業価値の向上と持続的成長に向けた経営基盤を強化してまいります。
この経営計画の最終成果である収益においては、株主の皆様への配分を定めた「株主還元方針」を策定するとともに、さらなる成長に向けて、M&Aなどの戦略投資の財源とすることを明確にしております。良好な財務バランスを維持しつつ、株主還元ならびに将来に向けた戦略投資の最大化を図ってまいります。

1. 株主還元方針 総還元性向50%(基準)を継続
配当を重視
資金需要や株価推移などに応じて機動的な自己株式取得を実施
2. 投融資計画 5ヵ年合計で2,000億円を投入
<内訳>
・戦略投資:750億円(150億円/年)
[M&A等 600億円、プロセス改革 150億円]
・通常投資:1,250億円(250億円/年)
3. 研究開発計画 研究開発費に5年間で900億円を投入
4. 期間 2018年度~2022年度