デンカのインフラ・ソーシャルソリューション部門は、人々の暮らしと街づくりへ貢献する、セメント・特殊混和材・肥料・無機化学品・環境資材の事業を構成しています。

デンカ アルミナセメント

  • 製品情報
  • 特長詳細
  • 詳細情報

概要

アルミナセメントとは、
「アルミナセメント」はアルミン酸カルシウムを主要構成化合物とする水硬性セメントです。
(一般に土木・建築分野で使用されている「ポルトランドセメント」はケイ酸カルシウムを主要構成化合物としています。)

特長

アルミナセメントは、ポルトランドセメントと比較して以下の特長を有しています。
  急硬性・早強性を有する
  耐酸性・耐化学薬品性に優れる
  耐火性・耐熱性に優れる

用途

デンカアルミナセメントは主に以下のような用途で使用されています。

 

デンカアルミナセメント1号(Al2O3:約55%)
   →一般キャスタブル
      土木・建築分野

 

デンカハイアルミナセメント(Al2O3:約73~80%)
   →低セメントキャスタブル

 

デンカハイアルミナセメントスーパー(Al2O3:約80~89%)
   →低セメントキャスタブル
      超低セメントキャスタブル

特長詳細

デンカアルミナセメント1号

電気炉で製造した汎用タイプのアルミナセメントです。電気炉で溶融することによって安定した鉱物組成を得ることができ、キルン、反射炉や平炉で製造したアルミナセメントに比べて、本来CaO-Al2O3鉱物が持っている特長を充分に発揮させることができます。

 

【デンカアルミナセメント1号】
水硬性鉱物の持つ特長を充分発揮させることによって、作業時間、流動性、硬化性及び強度等が優れています。
建築材料や土木材料等の非耐火物分野においてポルトランドセメントと混合した急硬モルタル等に使用した際は、水和活性が高いため少量添加することで優れた急硬性を発揮します。

 

【デンカアルミナセメント1号D】
一般にアルミナセメントは施工温度が低い時に硬化が遅延する問題があります。硬化遅延は、アルミナセメントから溶出するイオンが少なくなることに起因します。この問題を解消するために開発したのがデンカアルミナセメント1号Dです。
急硬性に優れていますので低温施工用のキャスタブルだけでなく、吹き付けキャスタブルや早期脱枠が要求されるキャスタブル等にもご使用頂けます。
この他、建築・土木用の急硬混和材として使用実績があります。

 

荷姿

・25Kg詰PPT防湿紙入り3層紙袋
・1tフレコン

 

主要製品の紙袋デザイン(袋表面・底面)

 

デンカアルミナセメント1号  デンカアルミナセメント1号D

 

デンカハイアルミナセメント

高純度原料を用いて電気炉で製造した高純度、高耐火性のアルミナセメントです。電気炉で溶融することによって安定した鉱物組成を得ることができ、キルン、反射炉や平炉で製造したアルミナセメントに比べて、本来CaO-Al2O3鉱物が持っている特長を充分に発揮させることができます。

 

 【デンカハイアルミナセメントH】

日本では、低セメントキャスタブルに多く使用されています。その理由として、他社品と比べ、本品を使用したキャスタブルは、高流動性、適度な硬化性及び高強度といったバランスが難しい各要求物性が確保できること、品質が安定していることが挙げられます。
また、耐火温度もアルミナセメント単体で1730℃以上と高く、優れた耐火性、高温安定性を有しています。

 

【デンカハイアルミナセメントHD】
アルミナセメント1号D同様に、硬化遅延を解消するために開発した、イオン溶出量が多い急硬性に優れたアルミナセメントです。
急硬性に優れていますので低温施工用の低セメントキャスタブルだけでなく、吹き付けキャスタブルや早期脱枠が要求されるキャスタブル用バインダーとして使用実績があります。

 

【デンカハイアルミナセメントHNEO】
キャスタブルでは、施工温度が高い時に作業性、流動性、可使時間が不足する傾向があります。これは高温条件下でアルミナセメントから溶出するイオンが多くなることに起因します。低セメントキャスタブルに使用した際の作業性不足等の凝集硬化時の問題を解決するため、イオン溶出量を抑制したアルミナセメントです。
通常のアルミナセメントに比べ、粒子形状や粒度分布等が異なりますのでご使用にあたってはキャスタブルの粒度配合を見直す必要があります。最適な配合条件下で使用することによって優れた特長を示します。

 

【デンカハイアルミナセメントH80】
高アルミナ成分(80%)のハイアルミナセメントです。耐火温度がアルミナセメント単体で1790℃以上と高く、優れた高耐火性、高温安定性を有しています。
高温接着性が良好で触媒用バインダーとして使用実績があります。

 

荷姿

・25Kg詰PPT防湿紙入り3層紙袋
・1tフレコン

 

主要製品の紙袋デザイン(袋表面・底面)

 

 

デンカハイアルミナセメントH デンカハイアルミナセメントHNEO

 

デンカハイアルミナセメントスーパー

キルンで製造したAl2O3約80%、CaO約18%、SiO2・Fe2O3などの不純物を極力減らした高純度、高耐火性及び高耐食性を兼ね備えたアルミナセメントです。
キャスタブルは、一般に添加水分量により組織の緻密さに影響を与え、耐用を左右することから、低水分緻密化で施工されます。スーパーシリーズは、日本市場で低セメントキャスタブルや超低セメントキャスタブルに多く使用され、高い信頼を得ています。

 

【デンカハイアルミナセメントスーパーS】
耐火温度はアルミナセメント単体で1790℃以上と高く、優れた耐熱性、高温安定性を発揮します。また、優れた作業性と硬化時間、焼成時の強度発現性を持っています。
Al2O3が50~70%クラスのアルミナセメントでは800~1000℃近辺の中温度域で強度低下が発生しますが、本品では強度低下を生じない優れた特長をもっています。

 

【デンカハイアルミナセメントスーパーS2】
スーパーSの技術を基に開発、硬化時間、強度発現はほぼ同等で、流動性、可使時間、減水性を大幅に向上させています。 従来のスーパーSでは対応困難な高流動性、高減水性の特性ニーズに応えます。
また、スーパーSと比較し、アルミナセメントの弱点である気温変動による可使時間、硬化時間のバラツキが少なくなっています。

 

【デンカハイアルミナセメントスーパーSG】
急結性に優れることから、硬化促進剤材や吹き付けキャスタブルのバインダーとして使用実績があります。
粒度が非常に細かいため、吹き付け施工時のリバウンドロスや発塵が少なく施工面への付着性が優れています。

 

【デンカハイアルミナセメントスーパーS90】
Al2O3約89%、CaO約9%-現在、世界で最もAl2O3純度の高い、高耐火性、高耐食を兼ね備えたアルミナセメントです。Al2O3純度を増加することで、鉄鋼向けキャスタブルに不要なCaO量を非常に少なくしました。
アルミナセメント単体で耐火温度1880℃と優れた高温安定性を有しています。非常に細かい微粒子タイプで、緻密質の硬化体が得られ、耐食性が向上します。

 

【デンカハイアルミナセメントスーパーVS2N】
スーパーS2の技術を基に開発、流動性、可使時間、硬化時間はほぼ同等で、強度を向上させています。
主に高炉メーカーの取り鍋ライニングキャスタブルに使用されています。本品を使用したキャスタブルは、緻密質で高耐食性の硬化体が得られ、ライニングの寿命延長が図れます。

 

【デンカハイアルミナセメントスーパーES】
スーパーSと比べCa2+イオンの溶出量を抑制し、特に作業性を向上させています。スーパーSとは硬化特性が異なり、低温では硬化が遅延します。
金属アルミニウムの発泡とアルミナセメントの硬化発現のタイミングの問題により、爆裂防止剤として金属アルミニウムを添加した場合に施工体が膨れる場合があります。本品を使用することで膨れを防止できる場合があります。

 

【デンカハイアルミナセメントスーパーHGS】
スーパーSG同様、硬化促進材として使用されます。スーパーSGと比べ硬化時間は遅れますが、単体での強度が高くなります。
材料の組合せによっては低温で硬化が遅れますので、事前のご確認をお願い致します。

 

荷姿

・25Kg詰PPT防湿紙入り3層紙袋
・1tフレコン

 

主要製品の紙袋デザイン(袋表面・底面)

 

デンカハイアルミナセメント        デンカハイアルミナセメント       デンカハイアルミナセメント     デンカハイアルミナセメント

スーパーS                スーパーS2                スーパーES                  スーパーS90

お問い合わせ

お問い合わせフォームへ

電話・FAXでもお受付しています。お気軽にご連絡ください。

無機製品部

03-5290-5557

03-5290-5299

  • 当ホームページ記載のデータ等記載内容は、代表的な実験値や調査に基づくもので、その記載内容についていかなる保証をなすものではありません。
  • ご使用に際しては、必ず貴社にて事前にテストを行い、使用目的に適合するかどうかおよび安全性について貴社の責任においてご確認ください。
  • 当ホームページ記載の当社製品およびこれらを使用した製品を廃棄する場合は、法令に従って廃棄してください。
  • ご使用になる前に、詳しい使用方法や注意事項等を技術資料・製品安全データシートで確認してください。これらの資料は、当社の担当部門にご用意してありますので、お申しつけください。
  • 当ホームページの記載内容は、新しい知見により断りなく変更する場合がありますので、ご了承ください。