デンカの電子・先端プロダクツ部門は、無機・有機・高分子化学を融合したユニークな電子材料によって、エレクトロニクスの技術革新を支えています。

デンカLaB6カソード/CeB6カソード

  • 電子部材
  • 電子源製品

概要

六ほう化ランタン(LaB6)は仕事関数が低く高融点のため、熱電子放射材料として最も適したものの一つです。デンカLaB6カソードは電子顕微鏡や電子線露光装置の電子放射源として高い評価を受けています。また、六ほう化セリウム(CeB6)も対応可能です。

特長

フローティング・ゾーン法で育成した高純度で高品質な単結晶を用いているため、安定な電子放射特性が得られます。高精度な加工技術により、さまざまな円錐角・寸法の単結晶チップ先端形状に対応できます。球状のチップ先端形状を提供できるのは当社だけです。

用途

電子顕微鏡(SEM、TEM)、表面分析機器(EPMA、AES)、電子線露光装置

お問い合わせ

お問い合わせフォームへ

電子・先端プロダクツ部門

電子部材部

03-5290-5539

03-5290-5289