「できるをつくる。」デンカ株式会社

デンカの自動車関連事業

2017年4月1日

自動車産業は EV・FCV による環境対応と自動運転の実用化の大きな転換期にあり、従来の技術の延長線上とは異なる視点で開発が進められています。このイノベーションを実現するためには、自動車や部品メーカーにおける加工技術面のみならず、素材面からのアプローチも重要なファクターとなります。

デンカは、特殊合成ゴムであるクロロプレンゴムやリチウムイオン二次電池に使用される超高純度アセチレンブラック、高熱伝導の電子回路基板、セラミックス、構造用接着剤などの製品で、自動車分野での実績を積み重ねています。無機や有機の化学のテクノロジーを駆使して、高分子設計、樹脂加工、高耐熱や高熱伝導、構造接着などの要素技術を磨き上げて、自動車技術の革新への貢献を目指しています。

「Automotive Materials & Solution(AMS)開発推進室」は、次世代自動車技術の開発に携わる皆さまに、課題解決に向けた製品やソリューションをご提案いたします。デンカの技術を結集し、“環境に優しく、安全で魅力のある車”づくりに貢献するべく邁進してまいります。

「自動車向け製品と将来に向けた新たな展開」(PDF:351KB)

デンカの自動車関連事業

<デンカグループの次世代自動車技術の統括部門>
Automotive Materials & Solution 開発推進室   電話 03-5290-5540
e-mail: ams@denka.co.jp